読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医の卵と天使の卵

 

 

 

女医と白衣の天使の看護師の戦いは学生時代から始まっている。

 

もちろん医学科女子で可愛い子がいないわけではないけれど、基本的に医学科女子より看護科女子の方が可愛い比率は高い。

これはもう、仕方がない。自然の摂理

頭脳と顔面は反比例してしまうのだろうか。

 

 

 

可愛い女医の卵は心に余裕があるので基本的に看護科の女子とは揉めない。

ここで話題に上がるのは大半を占める可愛くない方の女医の卵である。

 

 

 

まず始めに

医学科女子と看護科女子はお察しの通り看護科女子の方がモテる。

これは仕方がない、偏差値は医学科が高いけれど、顔面偏差値では到底及ばないから。

 

ほぼ毎日一緒の授業を受けて試験期間に髪がボサボサだったりスッピンだったりを見てるとだんだん女の子として見なくなる。

医学科男子はやはり日常接しないキャピキャピした女の子って感じに弱く看護の方が気になってしまう。これに医学科女子は機嫌がよろしくない。

 

 

しかし無情にもサークルやら学園祭やらで医学科と看護の接するタイミングはきてしまう。

 

医学科女子からすると看護の女子の人気に納得いかない。

これまで血のにじむ努力をしてきたのになぜ大して勉強もしてきてないやつがキャーキャー言われねばならぬ。キャピキャピ頭悪そうに騒ぎよって。

中には女医になりたかったけど頭が足りず看護に行った子だっておるんだろうな、ふふふ。

コワイネ。

 

 

看護女子からみると、医学科女子はプライド高い、怖い、看護を下に見ている感じが伝わる。などなどたくさんのクレームを受け付けます。

 

 

ちなみにぼくの感想だと実際、医学科女子にプライド高い人は多い。

 

 

 

そして女医の卵は内紛も起こる。

 

内紛⑴女同士の蹴落としあい

 

6年間も同じなので当然カップルもでてくれば、別れるカップルもでてくる。

そして別れたあと同じ医学科内で別の人と付き合うこともある。

元カレと今カレで揉めることはほとんどないが、元カノと今カノで揉めることはあるある探検隊

この戦争は悲惨だ。

両者共に自分のコミュニティで相手の悪口をあることないこと言いまくる。

なんならSNSにまで着火していき戦争の行方が随時更新されていく。

見ている方はおもしろいけど、巻き込まれたらたまぅたもんじゃない。

 

 

内紛⑵幸せ掴んだ先輩への嫉妬

 

女医がきて女性のキャリアプランみたいな話をして「医者しながらも子供産んで育てて旦那さんも協力してくれてやってます」

みたいなことをゆうと女医の卵は荒れ模様。

「なにこの時間?」「自慢?」「なにしにきたの?」

めちゃめちゃ怖い。

男子医学生はシーンとするしかない。

 

 

女医の卵vs白衣の天使の卵

女医の卵vs女医の卵

女医の卵vs女医

卵が孵る前から、争いは絶えない。

 

 女医の花道!

 

女医の花道!