読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消しゴムの恋を思い出す

消しゴム貸してあげる

 

 

小学校のとき好きな子に言ったこと、

言われたことはありますか??

 

小学生ながら見事な恋愛術

 

普段使っている消しゴムということを

貸してあげることによって相手に心を開いていることをアピールし

なおかつ返してもらうときに今度は向こうから話しかけてもらえるという

貸してもらった相手も

それなりに好意があるならば

ドキドキしながら

返すタイミングをうかがう

小学生にしては非常に高度な恋愛術です

 

 

大人になってこの初々しい恋愛心をまた

思い出してみるのはどうでしょう

 

 

気になってる人をデートに誘おう

ごはんにいこう

映画にいこうなどもいいですが

いつもそのパターンだと飽きますよね

 

そこで初心にかえる

 

気になってる人に自分の好きな本やCDや漫画とかとか

貸してみてそして返してもらう

 

逆もまた然り

 

気になってる人に本など借りて読むと

きっとそのあと感想を伝えるという

展開になってデートが発展するし

会話も共通の話題で

好きな部分とか伝えあったりと

スムーズですよね

 

できるだけ

その恋心をもつ相手

または自分ならではの好きなものにしましょう

今やってる映画とか大人気な漫画とかならば

流行りモノで

なんだか特別感がありません

 

周りの人たちはそんなにだけど

自分達だけがすきなものって

2人だけが興味のあるものみたいな感じで

2人だけの空間が

できあがるような気がしませんか

 

なんでもよいので個性的に

 

 

小学生の消しゴムを思い出して