百田尚樹の凄さ

村上春樹伊坂幸太郎などなど

何冊か読んでいると

読んでて安心感があるというか

言葉の使い方や表現方法など特徴があって

この作家の本を読んでいるという

安心感が感じられる。

 

 

百田尚樹にはそれがない

 

 

そしてそこがすごい

 

いうならばカメレオン

 

1作1作が同じ人物が書いたとは思えない内容

 

変幻自在

 

 

毎回読んでいて新鮮さがあり、

作者を隠されると

誰が書いたのか全くわからない

 

そしてとってもおもしろい

 

 

それが、百田尚樹のすごさだと

思います。

 

おすすめを2冊紹介

 

まずは

『プリズム』

あまり書くと内容をネタバレになっちゃうので

詳しくは書けませんが

とにかく研究されにされた本

医学部の人にもおすすめできる本です

その理由は読みおえたらわかります


プリズム (幻冬舎文庫)

プリズム (幻冬舎文庫)


 

 

 

もう一冊は、

『幸福な生活』

短編小説です。

何が面白いかというとページをめくった1行で

話を落とすところ

 

毎回毎回ページをめくるのが楽しみに、

オチを予想したりとワクワクです。

とってもおすすめ

 

ぜひ読んでみてください。


幸福な生活 (祥伝社文庫)

幸福な生活 (祥伝社文庫)