30秒ルール

話の上手い人は短く端的に人を惹きつける

つまらない人は長々と話す。

小学校、中学校の校長先生の話を思い出してほしい。

長々とつまらない話を聞かされた経験を。

あのとき大嫌いだった時間を大人になっていつのまにか自分がつくっている。

 

話始めて最初の30秒が勝負だ。

30秒で人を惹きつける話ならその後もうまく話せば聞く人は食いつく。

30秒つまらない話をすると聞く側は興味を失い地獄の時間だ。

おきまりのつまらない挨拶や話はいらない。

話していて聞く人が身を乗り出してくるような話をしよう。