読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新歓が上手いか下手かはおしゃべり次第

ぼくは新歓が得意だ。

(右も左も分からない新入生を部活、サークルに勧誘すること)

 

新歓が下手な人の特徴は

とにかくベタな質問

・出身はどこ?

・高校まではなにをやっていたの?

・彼氏、彼女はいる?

 

新入生の立場になってみてほしい。

毎回毎回どこにいってもこの質問だ。

飽き飽きするに決まっている。

ではどうするか?

ベタな質問をするのは仕方ない。

ただそこからどうするかだ。

ベタな質問をなるべくテンポよくしてからそのあとが大事。

 

先輩「どこ出身?」

新入生「福岡です。」

そこからどう広げるかで

おしゃべり上手か否か、

モテるかモテないかが決まる。

新入生「福岡です」

先輩「あ、ラーメンおいしいよね!」

はい、0点。

おもしろいところ1つもない。

特別おもしろいことを言おうとしなくてよい。

とにかく他人と被らなそうな、個性的な会話をするんだ。

新入生「福岡です」

先輩「福岡のことを夢で3回みたことあるんだけど、○○君は福岡出身だから福岡の夢19回くらいみたことある?」

新入生「」

ハチャメチャだ。

でもこのトンチンカンな会話をすることで

ツッコむのか、夢で話を広げるのか、ポカンとするのかなどなど広まり方は無限大。

とにかく特徴的な、独特な、

明日学校に行った時に思わず他の友達に昨日の、新歓のことを話したくなるくらいの思い出を作ってやろうぐらいの心意気でいくといい。

そうゆうことを心がけるとおしゃべり上手になり

自然とモテるようになる。