夢を売る男

 

輝かしい自分史を残したい団塊世代の男

 

スティーブ・ジョブズに憧れるフリーター

 

自慢の教育論を発表したい主婦

 

 

主人公の牛河原勘治は人の欲望をえぐり出し、違法まがいな方法で儲けを出す小さな出版社の敏腕編集者で元大手出版社の編集者。

 

今はテレビもDVDもネットもあって、YouTubeで無料でたくさん面白いモノを観られる時代に映像も音楽もない字しか書いていない本をお金を払って誰が買う?

 

売れない作家にちゃんとした大人なんてまずいない。

 

小説は年々売れなくなっているのに反比例して小説家志望が増えているのはブログやSNSで自己を主張する快感を味わって皆が舞台に上がってスターになりたがるけど観客は1人もいないという状況。

 

自社が主催している文学賞では自社刊行本が半分くらい受賞してるんだ

 

大手出版社というところは、本を出すノルマみたいなものがある。会社の都合で、誰にも求めれらない本が生まれては消えていくんだ。本が売れなくなった理由にはそれもある。 

 

結局は金なんだ

 

全部牛河原のセリフだが、牛河原のセリフを使っての百田直樹からの今の出版業界、小説家、読者に向けてのメッセージのように取れて面白い。

 

 

僕は小説を読んでて先が気になって夢中になったり、新しい世界観に触れて自分の幅が広まるような感覚になることがありますが、この本は知らないこと、なんとなく頭にあるけど言葉にできない人間の内面のモヤっとしている部分を言葉で表現されていて読んでいて知的好奇心が満たされるようなかんじ。

 

 

以前あるテレビ番組で、本が売れる1番手っ取り早い方法は、テレビで本が紹介されることってのを観て、どれだけ良い作品でも売れるのには、わかりやすく宣伝されるしかなく、これまでも実はものすごい面白い作品だけど脚光を浴びずに今もなお埋もれてる本はたくさんあるのかなあと思ったり、でも本というのは人に読まれて初めて価値が出てくるものだから……って思ったり。

 

 

 笑いもあり、人間の汚い部分も上手く言葉にされており、フィクションなのか現実なのかどっちなの?ってなる、出版業界の裏側が垣間見れる面白い作品です。

 

 

 

 

onlylifestyle.hatenablog.com

 

 

 

onlylifestyle.hatenablog.com

 

 

 

 

夢を売る男 (幻冬舎文庫)

夢を売る男 (幻冬舎文庫)

 

 

 

イエスマン

 

イエスマン

 

“YES”は人生のパスワード

 

離婚をキッカケにネガティヴな性格になった銀行員の主人公カール。

顧客からの依頼はほとんど全て断り、

友達から合コンを誘われてもなんだか合コンに行くって出会いを求めてる感が強すぎて合コンに行ってる自分カッコ悪いとか、上手く話せなくてモテない結果に終わるのが嫌で何かと理由をつけて断り続ける主人公カール。

 

 

 

そんなカールに見かねた友人によって無理やり連れられ自己啓発セミナーへ行くことに。

そこで行われていたセミナーは何にでも「YES」と答えなさいというYES教。

そして何にでもYESと答える誓約を立て、セミナーを終えたカールは早速ホームレスに遠い公園まで乗せてってくれと頼まれ、乗せていって着いたらガソリンがなくなり、携帯を貸したら携帯の充電が切れて……ここから急展開。全てはホームレスの頼みをNOと言わずにYESと言ったことから始まり。

 

どんな誘いにも必ずYESと答えることで韓国語を覚えたり、バンジージャンプをしたり、ギターを弾けるようになったり、NOと答えていたら出会うことのなかった人、経験することのなかったことをたくさん経験してこれまでの人生とは一変しどんどん面白い人生になっていき、観ていてワクワク、そしてとっても笑えます。

コメディ映画ですが、恋愛モノとしても面白い。

  

 なんとなーく気が向かない誘いや、めんどくさい頼みを断らずYESと答えることで思いもよらない出会いが待っているかも…と思えて自分のこれからの生活にも取り入れてみようかなって観終わった後になると思います。

 

 

最後の最後のオチまで見事な、とっても笑えて元気になる作品です。

 

 

イエスマン "YES"は人生のパスワード(字幕版) (予告編)

 

 

イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]

イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]

 

 

百円の恋

 

安藤サクラ出世作

 

32歳、実家暮らし、独身、ニート、処女、歯周病

ほら、もう面白そう。


百円の恋 - [HD]映画予告編

 

実家のお弁当屋さんを手伝いもせず離婚した妹の子供をゲームでボコボコにする、趣味はコンビニで立ち読みしたり、たまーにコンビニへの道で通るボクシングジムを遠目からのぞいてみたり。

 

 

そんな自堕落な生活を送っていて、些細なことをきっかけに妹との大喧嘩の末、家を出て一人暮らしすることに。実家の近くで。

 

お金も仕事もないのでいつも通ってたコンビニでバイトすることになる。夜勤専門で。

 

夜勤専門なのでその時間帯ででてくる登場人物も心に闇がある店員や廃棄を目当てにやってくる人などなかなかパンチ効いてる。

 

ぼくも以前にコンビニの夜勤でバイトしたことがあったけど、バイト代を貯めてインドに行きたいんだって言ってホントにインドに行ったけど3日くらいで帰ってきて「所持金を全部盗まれて心が折れて帰ってきた」って人とかギャンブル依存症の人とかおデブの人が深夜におデブになってしまうものを買いに来たりとかコンビニ夜勤で働くと今まで出会ったことのないタイプの人とたくさん会えて面白い。

 

 

一子(安藤サクラ)がバイトしていると、急速に人間関係が広まって行き、いつものぞいてるボクシングジムでのボクサー(新井浩文)がバナナ買いに来たりと社会との接点を持つことでどんどん話が動いていく。

いい感じで恋愛物語として進んでいくのかなと思いきや、ロマンチックでもなんでもない現実にとってもありそうな男女の近づき方から男女のあれこれといった美しい恋愛ばかりでない現実的な男女の関係。 

 

安藤サクラがボクシングジムに通い始めてポッチャリなワガママBODYがみるみる引き締まっていきボクサーの体型になっていくのも圧巻。顔つき、目まで違ってみえる。

 

いろいろあって安藤サクラがボクシングを始めるのだけれど、経験者ということもあってボクサーのクオリティがめちゃくちゃ高くてボクシングのシーンがすんごくカッコいい。

 

 

人間の汚い、醜い部分まで見事に魅せられ、最後は綺麗にまとまってとっても面白く、役者一人一人の個性が凄く、見入る作品。

 

安藤サクラ、凄いです。

 

 

 

百円の恋 [DVD]

百円の恋 [DVD]

 

 

 

シンプル・シモン

スウェーデンの映画です。

 

主人公は自閉症で自分だけのルールで自分中心に生きてきたシモン。

こだわりが強く、物理が好きで計算が得意。

とにかく丸が大好きでドラム、バスケットボールを練習し、食器は必ず丸いお皿。

 

 

観るDVDは必ず同じもので、シャワーの時間や食事も週替わりで決まっており、1つでも狂うとパニックになる。

人に触られることはとっても嫌い。

人の気持ちも表情で暗記しており、嬉しい、悲しい、怒っているなどしか理解できない。

 

そんなシモンを唯一、理解してくれている兄のサムに面倒をみてもらい、兄の彼女フリーダと3人で同居生活からスタート。

 

しかしあることをきっかけでシモンと一緒に生活することで溜まったいったストレスがついに爆発し、フリーダは去ってしまう。

 

 

そしてサムもシモンにだんだんイライラしてきて遂に我慢の限界に。

 

兄が大好きなシモンはなんとかしようと 

ここから兄の次の彼女を探そうと一生懸命兄の恋人探しを始める。

 

この恋人探しがとっても面白い。

 

兄の求める女性像をメモして片っ端から女の子に質問質問。

 

やがて磁石と一緒でN極とN極では互いに反発し合うのだと気づいてS極のを探しに、、、

この辺りは思わず舌を巻く面白さ。

 

 

 

これまで生活してきて身近にアスペルガーだった人はたくさんいたはず。

振り返ってみるとだいたい100人に1人ぐらいかな。

ここまで重度のアスペルガーだと微笑ましく見守りたくなるけど現実世界はそんなに甘くない。

医学部にも100人に1人ぐらいはいるかも。

頭はものすごくいいけれど人の気持ちがわからなかったり空気が読めなかったりコミュニュケーションが苦手だったりで医師に適正があるとはあまり思わない、、

そういう人も面接では見抜けない医師が面接する医学部の面接試験って……

 

 

話がとってもそれましたが、「シンプル・シモン」

とってもほのぼのとして平和な癒される作品です。

癒しを求めて是非どうぞ

映画『シンプル・シモン』予告編 - YouTube

 

【Amazon.co.jp限定】シンプル・シモン(ポストカード付) [DVD]

【Amazon.co.jp限定】シンプル・シモン(ポストカード付) [DVD]

 

 

ハリーポッターと呪いの子

 前作「ハリーポッターと死の秘宝」から19年後の物語。

 

結婚したハリーとジニーにはジェームズ・シリウス・ポッター、アルバス・セブルス・ポッター、リリー・ルーナ・ポッターの3人の子供がいる。

今作は、魔法省での仕事に追われながら父親としても悪戦苦闘するハリーポッターと次男のアルバス・セブルス・ポッターを中心としたお話。

 

ヴォルデモートを打ち負かして魔法界で英雄となった父親をもつ重圧、親の七光りに悩まされる。

組み分け帽子や忍びの地図などなどおなじみのアイテム、人物の久々の登場でハリポタファンには懐かしい場面がたくさんあってこれまでの作品も思い出しながらの同窓会みたいな感覚になりました。

 

舞台で行われた脚本が書籍化されているので、話の展開、時間軸とかがいつもと違う。

実際に舞台を観ているような気持ちになります。

 

 

ハリーとロンとハーマイオニーが3人でいろんな冒険を乗り越えてきたように、次の世代の子供たちがホグワーツで仲良くなって冒険が始まりそうなワクワク感。

 

親同士が相容れなくても、子供同士が仲良くなったら自然と親同士も近づいていく心の変化も面白い。

 

 

ハリーポッターファンに夢中になった人には是非ともおすすめです。

 

 

 

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

 
Harry Potter and the Cursed Child - Parts One & Two (Special Rehearsal Edition): Parts I & II: The Official Script Book of the Original West End Production

Harry Potter and the Cursed Child - Parts One & Two (Special Rehearsal Edition): Parts I & II: The Official Script Book of the Original West End Production

 

 

 

onlylifestyle.hatenablog.com

 

 

ホワイトハウスコックス・エッティンガー・グレンロイヤル

 

革製品すきですか?

 

ぼくは大好きです。

 

キーケースも財布も革製品です。

 

革製品と言えばイギリス御三家。

 

ホワイトハウスコックス

 

エッティンガー

 

グレンロイヤル

 

ホワイトコックスが1番有名なブランドじゃないでしょうか。

雑誌の財布特集とかキーケースの特集でよくみます。

 

 

 

 

僕のお気に入りはグレンロイヤル

 

ホワイトコックスはファッション雑誌でもよく紹介される人気ブランドですが、あまり人と被らないのがいいなと思って見つけたブランド。雑誌でめちゃめちゃたまーーーに紹介されます。たまーーーに紹介されているのを見つけるとテンション上がる。

 

二つ折りと長財布の中間

二つ折りだとかさばるし、なんだか大人っぽさがだせない。

長財布だとポケットに入らないし、ズボンの後ろポケットに入ったとしてもはみ出してて品がない。

普段できる限り身軽でいたいぼくにとってもちょうど良かった財布。

 

ちなみに財布を買うときホワイトハウスコックスとグレンロイヤルでものすごく迷ってホワイトハウスコックスにしようかと思ったときバイト先で嫌いな人がホワイトハウスコックスの財布を使っていたこともグレンロイヤルへの決め手となりました。今となってはホワイトハウスコックスの財布を使っていてくれたことに感謝。

 

 

使い始めて3年。革の経年変化がいい感じでアジがでてまいりました。

まだまだ育てていこう。

次に買い換えるときも今のところまた同じのを買いそうです。

 

 

 

ボッコちゃん

 

ショートショートの生みの親

星新一の作品。

短編集がたくさん入っててその中の1つのボッコちゃんという話がそのまま題名に使われている。

なにがすごいって書かれたのが1971年だけどもいまでも全く古く感じない文章、ユーモアのセンス。

近未来や別の惑星の話などが多く、読んでてワクワク、にやにや。

 

たまーに高度なボケすぎて読み返さないとわからない話や、グーグル先生に相談しないとわからなかったりするのも楽しい。

途中でたまーに出てくる絵もシュールで面白い。

 

英語の教科書で、なんでも捨てれる大きな穴が村に突然できてそこにいろんなものを捨てていって、、、みたいな話を中学生の頃読んだ記憶はありませんか?

その話の題名は「おーい でてこーい」

なのですが、その話も入っています。

僕が最初に星新一の作品を読んだのは、この「おーい でてこーい」の英語版でした。英語の教科書を読みながら先が気になってどんどん読んだ初めての文章。

 

個人的な感想としては、読んでいくとどんどん想像力が増していく、自分にはなかった発想の想像力を吸収していくような心地良い本でした。

 

 

短編小説が好きな方、SF好きな方、長い話が苦手な方、数十年経っても色褪せないおすすめの1冊です。

 

 

ボッコちゃん (新潮文庫)

ボッコちゃん (新潮文庫)

 

 

 

おーいでてこーい ショートショート傑作選 (講談社青い鳥文庫)

おーいでてこーい ショートショート傑作選 (講談社青い鳥文庫)

 

 

 

星新一 文庫 13冊セット (文庫古書セット)

星新一 文庫 13冊セット (文庫古書セット)